2009年10月24日土曜日

『ようこそ[鳩山レストラン]へ』を図書館から借りてきた。

 鳩山由紀夫が首相に就任してから、いつのことだったか忘れたが、朝日新聞の夕刊だか、朝刊だかの一面に左上隅に比較的大きく、朝の食卓を写しこんだ写真が掲載された記事があった。
 その写真を見た途端、レシチン(脳を使うのに必要不可欠な物質)の摂取量の少ない食事だと思った。頭の悪い女性の好みそうな食卓だった。ビタミン(ビタミンCなど)しか意識していないようなメニューだった。
 そこで、区立図書館に『ようこそ[鳩山レストラン]へ』という奥さんである鳩山幸の著書を予約した。

 その本に掲載されているメニューを見ると、頭を使うのにはまったく適していないものばかりだった。そんなものばかりを食べている。頭をきちんと働かせることができないようなメニューばかりだ。理詰めできちんと考えないといけないようなことに対して、精密に検討を加えることができないんじゃないかと、不安になる。
 深い考えのない発言が鳩山由紀夫には多いように感じているのだが、もしかすると、家庭での食事に、その理由の一端があるのかもしれない。そう思ってしまう。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@