2009年10月17日土曜日

レジにおける硬貨の入れるところの配置について

 近所の店で、買い物をしているうちに気がついたのだが、レジ(レジスター、自動金銭登録機、cash register)の硬貨を入れるところの配置がちがっている店がった。
 普通、金額順に並べると思う。
 一般的には、500円硬貨は一段奥のところに入れ、残りを手前の列に入れる。こんな感じだ。

---
500円硬貨

100円硬貨 50円硬貨 10円硬貨 5円硬貨 1円硬貨
---

 ところが、ある店ではつぎのように配置されていた。

---
500円硬貨

100円硬貨 10円硬貨 50円硬貨 5円硬貨 1円硬貨
---

 これはすごい。
 これだけだとわかりにくいので、500円硬貨を除いて、硬貨の色で表現するとつぎのようになる。

一般的な配置(金額の大きい順に並んでいる)

---
100円硬貨 50円硬貨 10円硬貨 5円硬貨 1円硬貨
銀色 銀色 銅色 銅色 銀色
---

ある店の場合(同じ色の硬貨が並ばないようにしている)

---
100円硬貨 10円硬貨 50円硬貨 5円硬貨 1円硬貨
銀色 銅色 銀色 銅色 銀色
---

 どう考えたって、後者のほう、つまり、
---
100円硬貨 10円硬貨 50円硬貨 5円硬貨 1円硬貨
銀色 銅色 銀色 銅色 銀色
---
のほう(同じ色の硬貨が並ばないようにしている)がミスが激減すると思われるのだけれども、ほとんどの店では、硬貨の金額順に並んでいる。これは、まあ、長年、ある形式に慣れた人にとっては、違う形式に変えるのが困難だからであろう。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@