2013年9月8日日曜日

昔、好きだった人の名前を自分の子どもにつける事例

昔、好きだった人の名前を自分の子どもにつけるというのは、よくあることであるようだ。

執筆や翻訳も少しはしながら、学習塾・予備校を運営している。そういうことから、ときおり、問題の解き方を中学校や高等学校の同級生から質問されることがある。息子の名前を知るとびっくりすることがある。

漢字は違うけれども、読み方は◯◯くんの名前と同じというのに出くわすのだ。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@