2013年9月6日金曜日

9月6日は悠仁親王殿下御生誕の日

悠仁親王殿下(ひさひとしんのうでんか)(皇位継承順位第3位)は、現在、お茶の水女子大学附属小学校1年生である。お茶の水女子大学附属中学校に通う生徒によれば、すこぶる評判がよいそうである。たいへん愛くるしい上に、礼儀正しく、きちんと挨拶(あいさつ)するからだという。

悠仁親王殿下入学後に、附属中学校に在籍する女子生徒が、悠仁親王殿下とは気づかないで、「あら、かわいい」と抱きしめたそうである。あとで、悠仁親王殿下と知って驚いたという。これにはちょっと笑ってしまった。

要人警護(ようじんけいご)の警察官であるSP(security police:セキュリティポリス)がいるだろうから、気づきそうなものだと思うのだけれども。

この女子生徒は、悠仁親王殿下が天皇に即位したら、「今上天皇陛下(きんじょうてんのうへいか)が小学1年生のときに、抱きしめたことがあるのよ」と言えるだろうから、いい思い出になるのだろうな。

たぶん、かわいい女子中学生だから、SPに制止されることはなかったんだろう。

ちなみに、私自身は若いころ、明治通りで当時の紀宮清子内親王殿下(のりのみやさやこないしんのうでんか)を見かけたことがある。歩道を歩いていると、向こうから内親王殿下とそっくりな女の子が歩いてくるなと思っていたら、本物だった。

本人の左右にひとりずつ御学友(ごがくゆう)[=同級生]が、その後ろにふたりの御学友がいた。

その集団の左右に1名ずつSPが、前方10mにSPがひとりと後方10mくらいのところにSPがふたりいて、さらには、車道をはさんで向こう側の歩道にも2名ほどSPがいた。トランシーバーを持っているSPがいて、全員の右胸のポケットから配線が出ていて、イヤホンをつけていたように記憶している。

しかも、SPたちはきわめて屈強(くっきょう)にして、高身長で、体格もよく、背広の上からも鍛(きた)え上げられた肉体をしているのがわかった。

「ここは天下の往来じゃあ!」と考えるわけもなく、小心者の私は、即座(そくざ)に、歩道のいちばん端(はし)に移動した。万が一、「あら、かわいい」と近づいていたら、たとえ、抱きしめようとしなくても、SPにえらい目に遭(あ)わされていただろう。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@