2013年9月18日水曜日

JAXAの英語の中継を担当している女性は、とてもかわいい声をしている。

2013年9月14日(土曜日)のイプシロン=ロケットEpsilon Launch Vehicleの打ち上げにかぎらず、JAXAで英語の中継をいつも担当している女性は、とてもかわいい声をしている。

ということで、あまりにも声がかわいらしいので、本人の御尊顔(ごそんがん)を拝見すれば、たぶん、さぞかしがっかりするだろうと思って(←がっかりしたかったのだ)、JAXAのウェブサイトなどで調べてみたが、見つからなかった。

短時間に注意を惹(ひ)くには、女性の高い声が適しており、長時間、耳を傾け続けるには、男性の低い声が適している。だから、女性が中継しているのだろうが、別の狙(ねら)いもあるのではないか?

当然のごとく、一部の国々から「軍事目的の転用が可能である」と批判された。こういった類(たぐ)いの批判を少なくするために、「かわいらしい声」の女性を実況中継の担当にしているのではないだろうか?

ところで、「軍事目的の転用が不可能な科学技術」というのは存在するのだろうか? ここ数日、何かないかと考えているのだが、まったく思い浮かばない。もしも「軍事目的の転用が不可能が科学技術」が存在しないのであれば、「軍事目的の転用が可能である」という批判は意味をなさなくなるのではないだろうか?

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@