2013年9月25日水曜日

杖道の道場は、杖道場というのか、それとも杖道道場というのか、疑問に思った。

杖道(じょうどう)とは、宮本武蔵に勝った夢想権之助(むそうごんのすけ)が創始した神道夢想流杖術(しんとうむそうりゅうじょうじゅつ)を基にして成立した現代武道である。4尺2寸1分というおよそ128センチメートルの白樫(しらがし)の杖(じょう)と呼ばれる棒を用いる。直径は8分というおよそ28ミリメートルである。合気道や空手道でも、杖を使う格闘技があるが、杖道よりも太い。

さて、杖道の道場は、「杖道場(じょうどうじょう)」と呼ぶのか、それとも「杖道道場」と呼ぶのか、どちらが一般的かということが疑問に思った。

「杖道場(じょうどうじょう)」だと、音を耳で聞いただけではわかりづらい。「剣道場(けんどうじょう)」は納得できる。

すると、「杖道場」もあるし、「杖道道場」もある。しかし、音だけではわかりにくいらしく、「◯◯館」や「◯◯杖道会」となっているものが多かった。

やはり、「杖道場(じょうどうじょう)」は聞き取りにくいと感じているようである。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@