2013年9月21日土曜日

女子生徒に臭いと言われないための方法

DNAの型が違うと、いい匂いがすると感じる。DNAの型が同じだと、いい匂いがするとは思わない。

生物は、子孫をできるだけ残すために、多様性を求めるので、自分のDNAの型と同じ、あるいは近い型の人物に対しては好感を抱かない。自分とは種類の違うDNAの持ち主との間で何人かの子どもができれば、遺伝子に多様性が得られる。そのほうが生存確率が増す。

しかし、DNAの型が近い場合は、においが気に入らないとなる。臭(くさ)いと感じる場合もある。個人的には「苦(にが)い」と感じるにおいもあった。

以上の話をしておくと、女子生徒は「先生、臭い」だの、「変なにおいがする」だのとは言わなくなる。「臭い」と言った時点で、DNAの型が同じだとなるからである。おっさんとDNAの型が同じか、あるいは近いというのは、認めたくないのである。

ちなみに、中学2年生くらいになると女の子は、父親のことを「おっさんくさい」と思うことが多いようだが、これは、加齢臭(かれいしゅう)によるものだけでなく、父娘ゆえに遺伝子の型が似ているからであろう。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@