2014年4月18日金曜日

樹脂製(じゅしせい)の白い茶漉(ちゃこ)しを山積みにして売っているお茶屋さんがあった。

樹脂製(じゅしせい)の白い茶漉(ちゃこ)しを山積みにして売っているお茶屋さんが、うちの最寄(もよ)り駅から4駅先のところにあった。

怪訝(けげん)に思って、店内に入って、訊(たず)ねてみた。

茶渋(ちゃしぶ)がついても、塩素系漂白剤の「ぬる」っとした感じが気持ち悪くて、茶渋のついた茶漉しを使い捨てにする人が多く、そのために大量に置いているのだという。

塩素系漂白剤で用いられる次亜塩素酸ナトリウムは、食品添加物として使用され、また、野菜や果実の殺菌料としても利用されている。

「ぬる」っとした感触(かんしょく)が気持ち悪いという感覚だけで、使い捨てにしているというのは、不可解(ふかかい)である。

危険なものだったら、規制(きせい)されているだろうし、きちんと乾(かわ)かせば、蒸発(じょうはつ)すると思うのだが、感覚だけで生きている人というのは、理解できないなあ。

なお、行きつけのお茶屋さんによると、樹脂製の茶漉しは、熱で膨張(ぼうちょう)するので、あまりよくないそうである。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@