2014年4月1日火曜日

アメリカ合衆国の南部で銃の乱射がよく起こる理由

英国は1660年代から自国の犯罪者の流刑地として、アメリカを利用していた。とりわけ、今のアメリカ合衆国の南部に送り込まれた。

その後、英国で国外追放になった者は、今のアメリカ合衆国の南部に送り込まれた。

だから、英国の犯罪者の子孫が、南部に多数いる。

その結果、アメリカ合衆国の南部では、銃乱射事件などの異常な犯罪が多いのではないか。

だから、うちの生徒の兄が、アメリカ合衆国南部の大学に進学したということを耳にしたときには、アメリカ合衆国の歴史を知っていれば、怖(こわ)くてそんなことはできないと思った。

しかしながら、1776年にアメリカ合衆国が独立し、犯罪者を送り込めなくなったので、今度はオーストリアに送り込むようになった。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@