2013年1月17日木曜日

とある超1流企業の社員がサウジ=アラビア支店の支店長をしていたときの主たる仕事

 サウジ=アラビア支店の支店長の主たる仕事がおもしろかった。

 イスラム圏、それも、厳格な地域では、女性は肌(はだ)を人目(ひとめ)にさらしてはならない。目と手足の先以外をすべて隠した服装をしている。しかも、目が見えるからといって、目を見てはいけない。

 ところが、日本から新しく派遣された社員のみならず、以前からいる社員も、つい、うっかりと、女性の目を見てしまうという。

 即座に警察に捕まり、牢屋(ろうや)に留(と)め置かれる。

 そうした社員を引き取りに行くのが支店長の仕事だったという。社員の引き取りばかりをしていた支店長というのがいるそうである。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@