2013年1月25日金曜日

若いときの渡辺謙の動画をYouTubeで再生してみせたら、うちの生徒にウケたぞ。

 渡辺謙(わたなべけん)というと、今の中学生・高校生には『ラストサムライ』The Last Samuraiでの勝元盛次(かつもともりつぐ)や『硫黄島(いおうじま)からの手紙』The Letters from Iwo Jimaの栗林忠道(くりばやしただみち)中将のイメージくらいしかない。




『硫黄島からの手紙』で栗林忠道中将を演ずる渡辺謙







『ラストサムライ』で勝元盛次を演ずる渡辺謙






 つぎのものは、渡辺謙が20台半ばで出演した『タンポポ』(1985年公開)での場面。『タンポポ』は伊丹十三監督によるコメディ映画の名作である。

 ところが、渡辺謙が今からは想像できないくらいに若いということと、「ラーメンの正しい食べ方を老人から伝授される」場面だということとで、むやみに滑稽(こっけい)に感じるようだ。

 挙げ句(あげく)は、「渡辺謙(の頭)に毛が生えている」とさえ言う者もいた。このあたりに関しては、中学生は容赦(ようしゃ)ないな。



 中学生の場合、ヴィデオ=ゲームをする時間があるのなら、この映画を観たほうがよいぞ。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@