2013年1月8日火曜日

海豚(イルカ)の肉を食べさせられた世代

 鯨(クジラ)と海豚(イルカ)は、生物分類上、区別がない。体長が4mを超えれば鯨(クジラ)、それ以下だと海豚(イルカ)という一応の区別はあるが、例外はある。

 昭和時代の学校給食では、低廉(ていれん)な価格で動物性蛋白質(たんぱくしつ)が摂取できるということで、「鯨の龍田揚げ(たつたあげ)」がよく出された。

 ところが、鯨の龍田揚げだと信じて食べたものは、かなりの高い確率で、「海豚(イルカ)の龍田揚げ」であった。

 私と同年代の者でも、このことを知っている人は少なく、話すと驚かれる。とりわけ、女性の場合には、気分が悪くなることもあるようだ。

 当時の「鯨の龍田揚げ」の贋物(にせもの)、すなわち「海豚(イルカ)の龍田揚げ」は、肉が硬(かた)く、決しておいしいものではなかった。学校給食で「鯨の龍田揚げ」を食べさせられた世代は、「鯨肉(げいにく)=不味(まず)い」と思い込んでいる。

 英国でも、第2次世界大戦後、大日本帝国軍のせいで、すべての植民地を失い、国民総生産が半分になるという経済力の半減を経験し、貧困に喘(あえ)いでいたときには、鯨肉(げいにく)を食べていた。けれども、英国人のかなりは、反捕鯨である。たぶん、学校給食で「鯨の龍田揚げ」しか食べていない日本人と同様、彼らもまた、不味(まず)い部位(ぶい)しか食べなかったのであろう。

 3大高級部位(さんだいこうきゅうぶい)とされる尾の身(おのみ)・脂須の子(あぶらすのこ)・鹿の子(かのこ)のうちで、さらに高級なものを食べると、こんな旨(うま)いものは、コーカソイド(白人)には知られたくないと思ってしまう。

 日本人なら、死ぬまでに、1度は、食べておくとよい。

 また、心筋梗塞(しんきんこうそく)や脳梗塞(のうこうそく)になりやすいタイプの人にとって、鯨肉は健康にいい。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@