2013年1月14日月曜日

東京で雪が積もり始めたときに、事故を起こす自動車は、四輪駆動車が多い。

1月14日月曜日に雪が降った。積雪7センチメートルだそうだ。

一見すると、不思議なことだが、東京では、雪が積もり始めたときに事故を起こすのは四輪駆動車が多い。四輪駆動車は雪に強いはずなのに、である。

雪にいちばん弱いのは、後輪駆動のミッドシップ=カーである。ミッドシップ=カーというのエンジンが自動車の真ん中に配置してあり、運転席の後ろに置いてあるものである。フェラーリ・本田技研工業のNSXやビートである。

また、RRと呼ばれる、エンジンが後ろに置いてあって、後輪駆動も雪に弱い。ポルシェ911やアルピーヌ=ルノーA110などだ。

スポーツカーは雪に弱いのだ。

こうした自動車は、雪があると、簡単に尻を振る。危なっかしくてしょうがない。だから、ドライバーはきわめて慎重に運転する。

つぎに、雪に弱いのは、エンジン前置きの後輪駆動車である。

四輪駆動車は、雪に対しては、いちばん強い。

ところが、トロトロと走っているスポーツカーを見て、「雪道では四輪駆動が最強じゃあ!」と、スピードを出す莫迦(ばか)が東京にはうんざりするほどいるのだ。雪道用のタイヤではなく、ノーマル=タイヤであることを忘れて、速度を上げる。

そして、追突したり、ガードレールに突っ込んだりして、道路の脇に多数の四輪駆動車が停まっているのである。

雪国の人々からすれば、信じられないだろうが、東京人には、こんな莫迦(ばか)が多くいるのである。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@