2013年1月22日火曜日

最近、お辞儀(じぎ)の角度がみょうに深くなったのが、バレエ動画のせいだった。

 最近、お辞儀を深くするようになっていた。しばらく前から、これは、どうしてだろうかと考えていた。

 バレエballetを観るようになったかららしい。バレエの人って、深くお辞儀するので、それを目にしているうちに、こっちも深くお辞儀するようになったようだ。

 生徒でバレエを習っているのがちょくちょくいるので、影響されて、動画を観るようになったのである。

 ところで、1月27日(28日)から2月2日までローザンヌ国際バレエ=コンクールPrix de Lausanneが催(もよお)される。

 本当に才能のあるバレエ=ダンサーは15歳でプロになっていたりする。だから、出場できない。この大会の格式(かくしき)はどのくらいのものなのだろうか?

 また、ローザンヌ国際バレエ=コンクールに出場する場合、コーチの旅費ならびに滞在費は保護者が負担するのが通例だそうである。才能の前に、親が財産家でないと出場できないそうである。

 そういえば、日本人の出場者は、みんな、育ちがよさそうだ。

 ローザンヌはレマン湖lac Lémanに面する街である。大陸性気候だから、夏と冬の気温差が大きく、昼と夜の寒暖差(かんだんさ)も大きい。同じくレマン湖に面するジュネーヴGenèveも寒暖差が大きい。冬の昼間は暑いくらいのときがあるのに、夜はすこぶる冷え込む。

「ジュネーヴで風邪(かぜ)を引かない者は、世界中、どこに行っても風邪を引かない」という俚諺(りげん)さえあるくらいだ。

 今なら、あんまり、行きたくないなあ。ま、若いときには、ローザンヌもジュネーヴも行ったとこがあるけどね。それも真冬に。

 風邪は引かなかったけどね。

 ローザンヌ国際バレエ=コンクールの宣伝動画を貼りつけておこう。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@