2013年1月2日水曜日

NHKの受信料の不合理さ

 NHKにかぎらず、テレビは観(み)ないので、うちにはテレビはない。だから、NHKの受信料を払う必要はない。

 ところが、最近、NHKがウェブ上(つまりインターネット上)で、動画が閲覧できるようにしている。

 どうやら、将来は、インターネットに接続しているのだから、NHKの動画に関する「インターネット受信料」を狙っているような気がする。

 地上波のNHKの放送に関しては、スクランブルをかけろという意見が少なくない。

 たとえば、勝手に郵便で商品を送りつけて、金を払えと請求してきたら、違法だろう。

 また、一人暮らしで、テレビを所有しているというだけで、NHKどころか、ほとんどテレビ番組自体を観ない人間と、10人家族でテレビが5台ある家庭とで、受信料が同じというのもおかしい。

 そもそも、受信料という制度は、ごく僅(わず)かな富裕層のみがラジオやテレビを持てた時代の発想である。現代的なシステムを再構築するべきであるはずだ。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@