2013年1月3日木曜日

映画監督が選ぶベスト映画で小津安二郎の『東京物語』が1位となった理由

 世界最古である英国映画協会British Film Instituteは1933年に設立され、1952年からは、10年毎(ごと)に「映画監督が選ぶベスト映画」ならびに「批評家が選ぶベスト映画」を発表している。

「映画監督が選ぶベスト映画」で小津安二郎の『東京物語』が1位となった。この作品が名作であることには異論はない。しかし、これまでの映画で1位となると、頭をかしげてしまう。

2002年のときには、トップ10に入っていない。黒澤明の『羅生門』『七人の侍』がトップ10入りしていたのに、なぜか、黒澤作品はトップ10からなくなり、『東京物語』が1位となったのだ。

2012年の結果はつぎのとおりであった。

1位 『東京物語』小津安二郎監督
2位 『2001年宇宙の旅』スタンリー=キューブリック監督
3位 『市民ケーン』オーソン=ウェルズ監督
4位 『8 1/2』フェデリコ=フェリーニ監督
5位 『タクシードライバー』マーティン=スコセッシ監督
6位 『地獄の黙示録』フランシス=フォーロ=コッポラ監督
7位 『ゴッドファーザー』フランシス=フォーロ=コッポラ監督
7位 『めまい』アルフレッド=ヒッチコック監督
9位 『鏡』アンドレイ=タルコフスキー監督
10位 『自転車泥棒』ヴィットリオ=デ=シーカ監督

10年前にはトップ10に入っていなかった作品が、いきなり、1位である。

調べてみたところ、「映画監督が選ぶベスト映画」を選んだ映画監督が高齢化したのが、理由だった。10年間の2002年よりも10歳は齢(よわい)を重ねた監督たちである。

多数がすでに老境となっている。

『東京物語』の大雑把(おおざっぱ)な梗概(こうがい)をしたためる。

年老いた夫婦が東京にいる長男・長女の家を訪れるが、日々の生活に忙しく、長男・長女は両親をかまってくれない。戦死した次男の嫁だけが、仕事を休んで、観光案内をする。

これだけではないが、実の息子・娘に邪険(じゃけん)に扱われる場面が多い。

選考委員である映画監督たちが高齢化し、『東京物語』で描かれているようなことを経験することによって、身につまされるようになったのだろう。日本人と較べて、ヨーロッパ人は、親を邪険に扱う傾向が強い。

息子・娘から邪険に扱われるようになった高齢の映画監督が、『東京物語』を高く評価したということらしい。

若手監督が選ぶベスト映画となると、何が1位になるのだろうか? ちょっと気になる。





コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@