2013年1月26日土曜日

「吉永小百合」と「加賀まりこ」で画像検索した場合の結果を分析する。

「吉永小百合」と「加賀まりこ」で画像検索した場合の結果に著(いちじる)しい違いが見られた。

 その画像を拡大したり、その画像のあるウェブサイトに進んで行ったりした回数の多いものほど、検索結果の上位に並ぶ。ということは、上位にあるものほど、一般の人々が求めるものだということになる。

「吉永小百合」で画像検索した場合、勿論(もちろん)、若いときの写真が多いが、意外と、最近の写真も少なくない。

 一方、「加賀まりこ」の場合、少しはあるけれども、最近の写真はきわめて少なく、若いときの写真が圧倒的である。

 つまり、「吉永小百合」の場合、昔も綺麗だったが、今も綺麗だと思って検索しているが、「加賀まりこ」の場合は、今はあんなおばちゃんだが、昔はものすごく綺麗だったと思って検索しているということが窺(うかが)われるわけだ。

 匿名(とくめい)となると、思いの外(ほか)、意地の悪いことをする日本人の民族性が現(あらわ)れている。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@