2009年2月16日月曜日

If I were a bird, I would fly to you.という文は理不尽だと感じる。

 英語で仮定法を習うときに必ずといってよいくらいに登場する文がある。

If I were a bird, I would fly to you.
もしも私が鳥だったら、あなたのもとへと飛んでいくのに。

 これを習ったときに、疑問符だらけだった。

 まず、この文の意味が成り立つのは、交通機関が発達していない時代を前提としているはずだ。伝書鳩で平均時速160kmくらい。隼(はやぶさ)は急降下時に時速300kmくらい出るが、水平飛行であれば、時速100kmくらいだ。ましては小鳥だと、オートバイで移動するほうがはるかに速い。
 鳥の時速ならびに体力を考慮に入れれば、東京在住の人物が博多にいる恋人に逢いに行くのであれば、新幹線で逢いに行くのが正解である。けっして、鳥になって飛んでいくことではない。
 この英文の意味が妥当なものとなるのは、交通機関が発達していない時代でなければならないはずである。疑問を抱く人がいないのが不思議でならない。

 つぎに、突然、自宅のベランダに鳥にやって来られても、相手は迷惑なだけである。鷹や鷲などの猛禽類なら怖いだけだ。もしも、相手が鳥アレルギーであれば、どうなるか? ちっともロマティっクではない。

 だから、初めてこの例文を目にしたときに、なんじゃこりゃと思ったのである。

 世の中には同じようなことを考える人がいた。御茶ノ水大学教授の土屋賢二である。彼によれば、「もしも私が鳥ならば、私は人間ではなく、鳥の雌に恋しているだろう」となるはずだと何かに書いていた。
 そのとおりだ。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@