2013年3月1日金曜日

大黒鼠(だいこくねずみ)の幸村(ゆきむら)の脱走

 大黒鼠(だいこくねずみ)の幸村(ゆきむら)が脱走した。

 なお、大黒鼠はラットratのうちでも、白いものを指すらしいが、ラットというと実験動物のイメージが強いし、どぶねずみだとイメージが悪いので、私は個人的に色がついているものも大黒鼠と呼ぶことにしている。

 さて、幸村はうちに来たとき、半兵衛(はんべえ)と較(くら)べて身体(からだ)が小さかった。

 動作がすばしっこくって、あまり人間に馴(な)れていないようだったが、ちがっていた。

 どうやら、苛(いじ)められっ子だったらしい。12匹くらい子鼠(こねずみ)がいれば、母鼠(ははねずみ)のおっぱいが足りない。すると、弱い子鼠や苛められやすい子鼠はおっぱいが哺(す)えない。その結果、身体が小さくなる。

 苛(いじ)められっ子だったから、人間に限らず、接触されるのを嫌(いや)がる。

 半兵衛のほうは、そういうことがなかったらしく、懐(なつ)きやすいし、潑溂(はつらつ)として、籠(かご)から出したら、あちこちへと、謂(い)わば冒険をする。

 ところが、幸村は、全然、動き回らない。籠から出しても、すぐに籠を攀(よ)じ登って、巣に戻る。あとは、食べては寝て、食べては寝ての生活である。すると、初めは小さかった身体が、半兵衛よりも大きくなった。大きくなったとはいえ、ただのデブである。

 先日、籠を洗った。半兵衛は移動用の小さな籠に入れたが、幸村は、遠くまでちょろちょろと動きまわることがないので、床に放置しておいた。

 ついでに、空気の入れ替えのために、裏口のドアを開けておいた。すると、これまで、籠から30cm以上のところに行ったことがない幸村が裏口から逃げた。

 探してみたけれども、見つからない。うちの近所には野良猫(のらねこ)が多い。野良猫に餌(えだ)をやる婆(ばあ)さんがいるのだ。たぶん、野良猫に食べられたのだろうと観念(かんねん)した。うちは相当に贅沢(ぜいたく)な餌(えさ)をあげているから、野良猫にとっては、かなり旨(うま)かったのだろうと思った。

 その3日後、みょうな物音がした。幸村だった。屋外で幸村を探している間に、屋内に戻って、冷蔵庫の裏に隠れていたらしい。

 3日間、飲まず食わずだったので、へろへろな状態になっていた。毛艶(けづや)も悪くなっていた。

 暖かい籠の中にいて、食べ物と水が無尽蔵(むじんぞう)に出てくる状態が、どれほどしあわせなことかを噛(か)み締(し)めているようだ。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@