2013年3月9日土曜日

食は三代:アメリカン=コーヒーからスターバックスへ

 食は三代といわれる。もともとは「財(ざい)は一代、衣(ころも)は二代、食(しょく)は三代」である。

 「財は一代、衣は二代、食は三代」とは、

 財、即ち、財産を築くのは一代で充分であり、
 衣、即ち、ファッションのセンスを養い、着こなしが上手(じょうず)になるには、二代かかり、
 食、即ち、美食がわかり、テーブル=マナーを習得するには、三代かかる、

 という意味である。

 アメリカ合衆国では、所謂(いわゆる)、アメリカン=コーヒーと呼ばれる薄(うす)い味のコーヒーが主流であった。少ない元手(もとで)で、できるかぎり儲(もう)けようとしたのではないかと思っている。尚且(なおか)つ、ヨーロッパの食い詰め者(くいつめもの)は、コーヒーさえ飲めないような生活をしていたものが多かったから、薄いコーヒーでも不満を抱くことがなかったようである。


 アメリカ合衆国が工業国として発展したのは、1890年である。この年、工業生産額が農業生産額を上回ったのである。

 スター=バックスが創業したのは、1971年だが、ヒットしたのは、1987年のエスプレッソである。

 工業生産額が農業生産額を上回って以来、アメリカン=コーヒーから濃い味のコーヒーに変化するのに、概(おおむ)ね100年かかっている。1世代が30年だとすると、大凡(おおよそ)3世代分の期間である。

 以上のように、コーヒーでさえ、三代かかっている。それでも、依然(いぜん)として、スターバックス程度のものというところが笑ってしまう。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@