2012年12月28日金曜日

第442連隊戦闘団の部隊歌Four-Forty-Secondを掲載してみる。

 一昨日の2012年12月26日に、MISATOという人物が唄っている「442部隊のうた」に、いささか感動したので、このブログで紹介してみたが、本家の歌を、つまり、部隊そのものが唄っていた歌[=Unit Fight Song(部隊戦闘歌、あるいは部隊歌)]のことを忘れていた。

 歌詞を耳にすると、なんとなく、モットー(標語)であるGo For Broke!という題名が似つかわしいような気がするが、Four-Forty-Secondが題名である。元々は第100大隊の部隊歌であったらしく、当初は題名もOne-Puka-Pukaであり、歌詞のFour-Forty-SecondのところをOne-Puka-Pukaと唄っていた。Pukaはハワイ語で「孔(あな)」のことである。数字の「0」を孔と見立てているわけである。

 1分13秒あたりから始まる。




歌詞
Four-Forty-Second Infantry
442歩兵(連隊)
We're the boys from Hawai'i nei [註:Hawai'i nei = bearutiful Hawai'i]
俺たちは美しきハワイ出身の男児だ
We'll fight for you 
俺たちみんなのために闘う
And the Red, White and Blue, 
それと赤と白と青(の星条旗)のためにも(闘う)
And go to the front... 
前線に赴(おもむ)き
And back to Honolulu-lulu. 
ホノルルに戻ってくるのさ。
Fighting for dear old Uncle Sam 
親愛なる老(お)いしサムおじさん[=アメリカ合衆国を象徴する偶像(ぐうぞう)]のために闘うぞ
Go for broke! HOOH! 
当たって砕(くだ)けろ! おりゃあ!
We don't give a damn! 
こんちきしょうなんて言わないぜ!
→なにがあっても平気さ!
We'll round up the Huns 
フン族ども[=ドイツ兵のこと]を一網打尽(いちもうだじん)だ
At the point of our guns, 
銃で狙(ねら)いをつけて、
→銃口を突きつけて
And vict'ry will be ours! 
そして、勝利は俺たちのものだ!
GO FOR BROKE! 
死力を尽くせ!
FOUR-FOUR-TWO! 
442連隊!
GO FOR BROKE! 
撃ちてし止まん!
FOUR-FOUR-TWO! 
442連隊!
And vict'ry will be ours!
そして、勝利は俺たちのものだ!

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@