2012年12月21日金曜日

「富士山の見えるところに美人なし」について

「富士山の見えるところに美人なし」という俚諺(りげん)ある。俚諺というのは、まあ、緩(ゆる)い諺(ことわざ)のようなものである。

 この俚諺(りげん)を実際に検証しようとした事例がある。

 各地の河川などのpH(ペーハー、水素イオン指数;最近中学校などではピーエッチと読む)が、肌(はだ)に適した値であるところでは、富士山が見えないそうである。

 富士山が見えないからといって、河川などの水質が肌(はだ)に適しているとはかぎらない。四国、中国地方に美人が多いとは耳にしない。

 富士山が見えない雪国の場合には、雪が降り積もるので、冬場の関東平野とちがって、湿度が高く、そのせいで肌が綺麗になるという要素もあるらしい。関東平野の女性は乾いた空気のせいで、曾(かつ)ては、肌ががさがさになっていたようである。

 博多美人ということばがあるが、博多は中国商人などが訪れており、ハーフやクオーターが多く、異国情緒的な美があったようだ。

 また、秋田美人についても、北前船の西廻り航路の寄港地で、日本各地の様々な遺伝子を吸収して、一種の混血化しているのかもしれない。もっとも、北前船の寄港地で、美人が多いとされないところは、たぶん、河川のpH(ペーハー)が適していないのかもしれない。

 ちなみに、私は和歌山県の出身なんだが、和歌山県には富士山が見える最遠地がある。リンクを貼っておこう。

富士山が見える最遠の地

 和歌山から年に3日くらいは富士山が見える。
 美人はいない。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@