2012年12月18日火曜日

「笑っていいとも!」の観客のテンションが異常に高い理由

 視聴率が悪くて、平日の正午から放送されているフジテレビの「笑っていいとも!」が廃止になるだろうという憶測(おくそく)が流れている。

 それはともかく、「笑っていいとも!」の観客の盛り上がり方は異常である。これは、東京都内の住民の一般的な感覚であるようだ。

 では、なぜ、観客席の女性たちは、あれほどまでに盛り上がるのであろうか?

 観客席にいるのは、田舎(いなか)の高卒OL(高卒事務員)が大半であるそうだ。

 高卒OLのだれかが、「笑っていいとも!」の観覧希望(かんらんきぼう)のはがき(たとえば、3名分のもの)を出して、当選する。同じ職場の高卒OLふたりを誘い、本人ならびにそのふたりも、有給休暇(ゆうきゅうきゅうか)をとって、上京する。そして、「笑っていいとも!」を観覧(かんらん)する。同時に、その前後に、東京ディズニー=ランドや渋谷・原宿・秋葉原あたりも訪問する。

「笑っていいとも!」の観覧者(かんらんしゃ)は、そうした人々で構成されているそうである。鬱屈(うっくつ)した生活の中に訪れる数少ない「ハレ」の場ということらしい。

 むしろ、哀(かな)しい光景に見える。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@