2012年12月24日月曜日

サンタクロースの存在を疑いはじめた娘に対して、ある父親がとった行動

 娘が小学2年生のときに、サンタクロースの存在を疑い始めた。もう少し長く、サンタクロースが実在(じつざい)すると思ってもらいたいと思った父親は一計(いっけい)を案(あん)じた。

 彼はサンタクロースの衣装セットを購入した。

 12月24日の深夜に、サンタクロースからの贈り物を届けに、娘の部屋に入り、巨大な靴下に贈り物を入れた。そして、小学2年生の娘が目を醒(さ)ますようにと、どんどんと足を踏(ふ)み鳴らしたり、ベッドを揺すったりして、目を醒(さ)ましそうになると、娘の部屋のドアのところに、ドアを開けたまま背中を向けて、立っていた。
「あ、サンタさん」と娘が言ったのを耳にすると、走り去って、即座(そくざ)に着替えた。
 しばらくして、娘が、パジャマ姿のまま、居間にやって来た。
「わたし、さっき、サンタさんを見たよ」と娘が言った。
「サンタさんが来たんだ。気づかなかったなぁ」と父親はしらばっくれた。

 娘は小学5年生までサンタクロースの実在性(じつざいせい)をまったく疑うことはなかった。

 けれども、小学6年生のときに、押入れの奥に例の衣装を発見した。サンタクロースの存在を信じなくなった。

 その父親に訊(たず)ねてみた。
「そんなことをやっていて、楽しいんですか?」
「掃除機さんには娘さんがいないから、わからないでしょうが、楽しいんですよ」

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@