2012年12月2日日曜日

「国境なき医師団」の日本初の登録医・貫戸朋子の話を読んだ生徒の感想

 貫戸朋子(かんとともこ)は「国境なき医師団」登録医としては日本初である。小学校の国語の教科書にも、高等学校の英語の教科書にも、貫戸朋子は登場する。

 貫戸朋子の話を読んだ生徒の感想で、こういうものがあった。それを纏(まと)めるとつぎのようになる。具体的な数字などは、こちらで加えたものもある。

 日本で勤務医をしていれば、年収1200万円から1500万円になる。寄附金の控除額は4割くらいだから、年収1500万円として、600万円は課税されずに寄附できる。そのお金で、危険手当て込みで、年収200万円で医師を雇える国から3名を雇い、「国境なき医師団」に派遣したほうが、助かる生命(いのち)が多くなる。日本人が1名、登録医として派遣されるよりも、こちらのほうが効率がいいはずである。

 私の回答:一般の大人はそういうことに気づいても、口には出さないようにしている。世の中には損得(そんとく)や効率だけで、考えてはいけないこともある。それに、私の友人・知人には控除額の目一杯まで寄附している人も少なからずいる。けれども、そういう人たちは、そのことをあまり口に出さずに実行している。普段、控除額の限界まで寄附しているから、たとえば東日本大震災の際には、むしろ、そんなに寄附をしていなかったりする。



コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@