2013年5月1日水曜日

メリーランド州では自動車の運転免許の筆記試験がやたらと難しい理由

 アメリカ合衆国にあるメリーランド州では、自動車の運転免許の筆記試験がむやみに難しいそうである。

 アメリカは、公共の交通機関が発達していないので、自動車がなければ、生活できない。運転免許の筆記試験を難しくすることで、頭があまりよくない人間が暮らせない社会にしているという。

 相当に勉強のできる人間でも、ちょっと気を抜くと引っかかってしまう巧妙(こうみょう)な設問だらけだそうである。

 ある大手の新聞記者からの話だと、別の大手の新聞記者が2回、不合格になったという。

 なお、白人の住人の多数派はドイツ系住民である。なんとなく、納得してしまうなあ。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@