2013年5月12日日曜日

火縄銃と螺子(ネジ)

 火縄銃(ひなわじゅう)は1543年に種子島に伝来(でんらい)した。それ以前にも火縄銃は支那(しな)から伝来していたが、劣悪な製品なので、普及(ふきゅう)することはなかった。

 火縄銃とともに伝来したのが、螺子(ネジ)であった。

 ポルトガル商人の乗った明船(みんせん)が種子島(たねがしま)に漂着した際に、火縄銃の威力(いりょく)に驚嘆(きょうたん)した種子島時尭(たねがしまときたか)は、2000両の大金を以(もっ)て、火縄銃を2挺(てい)を購入した。種子島時尭は、鍛冶職人(かじしょくにん)八板金兵衛(やいたきんべえ)に、複製を作ることを命じる。

 そして、日本人は螺子(ネジ)というものを初めて目にすることとなる。

 八板金兵衛は、忠実に螺子(ネジ)を再現し、火縄銃を複製した。

 その後、各地で火縄銃が作られることになり、戦国末期には50万挺という世界最大の銃保有国になる。アジア諸国の中で、日本が欧米の殖民地(しょくみんち)にならなかった理由は、軍事大国であったからだと考える人は少なくない。

 1543年に日本人は螺子(ネジ)と出逢ったのだけれども、明治維新(1867年)以降にならなければ、日本人は螺子(ネジ)を火縄銃以外に使用することがなかった。

 300年以上もの間、螺子(ネジ)を火縄銃以外に利用しなかったのが不思議なんだけど、日本人は、法隆寺(ほうりゅうじ)の五重塔(ごじゅうのとう)を釘1本も使わないで造り上げるような民族だから、螺子(ネジ)なんてものは、鎖国政策(さこくせいさく)によって、のんびりと暮らしている間は、必要なかったのだろうな。

 明治維新以降、富国強兵を進めるにあたり、効率を重視しなければならなくなると、螺子(ネジ)を使用するようになる。

 螺子(ネジ)を必要としない社会は、のんびりとした平和なものなのかもしれない。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@