2013年5月22日水曜日

アメリカ合衆国にはレンタルDVD屋さんがない。

 レンタルDVD屋さんがアメリカ合衆国にないというと、小学生や中学生は驚く。

 アメリカ合衆国では最新作のDVDでも1,000円前後だ。この廉(やす)さは、子どもには理解できないようである。

 レンタル屋さんがないから、買うしかない。そうなると、販売数が増えるので、1,000円くらいで販売しても採算がとれる。

 ところが、日本はというと、もともと、富裕層を対象にしてレコード業界が発生した。レコードどころか、蓄音機を購入することさえ、富裕層でなければできなかったし、そのくらいの価格設定でなければ事業として成立しなかった。

 その結果、国民の所得水準からすると、むやみに高いものとなった。

 それでなんとかなった。

 日本の所得水準が上がり、販売数も大幅に増えたが、しかし、レコード業界は価格を下げることはしなかった。

 そこで、レコードをレンタルする店が現(あら)われた。

 つづいて、CDやビデオ、DVD、Blu-rayまでレンタルされるようになった。

 その結果、商品価格は高価格のままである。

 私はレンタルしたことがないし、買った映画は少なくとも100回以上は見るから(ただし、音声のみで、画面を観ないことが多い)、レンタルなしで販売価格1,000円のほうがいいのだけれど。

 最近ではアマゾンAmazon.co.jpで1,000円程度のDVDが売られているから、この方向に流れていくのだろうな。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@