2013年5月28日火曜日

昨日は日本海海戦の日だった。

 昨日、5月27日は日本海海戦の日だった。世界的には「対馬の戦いBattle of Tsushima」と呼ばれている。

 連合艦隊の一方的な勝利であった。戦死者だけで見ると、日本は117名、一方、露西亜(ロシア)は、4,830名だった。

 日本海海戦の作戦を立てたのは秋山真之(あきやまさねゆき)であった。「皇国ノ興廃ハコノ一戦ニアリ、各員一層奮励努力セヨ」「本日天気晴朗ナレドモ、波高シ」は、秋山真之の草案である。

 秋山真之は、日本海海戦の報告書を作成している。

「天佑(テンユウ)ト神助(シンジョ)ニヨリ」で始まっている。天佑とは、天の佑(たす)けであり、神助は、神の助(たす)けである。

 その後、日本海海戦に参加した参謀などが後輩に、日本海海戦の勝因を訊ねられるとだれもが口を揃(そろ)えて、こう言った。

「天佑(てんゆう)だな」

 主たる勝因を訊(たず)ねると、だれもが、運がよかったとしか言わなければ、人事を尽くすということをしなくなるにちがいない。

 帝国海軍が駄目になった理由のひとつとして、このことが挙(あ)げられるのではないかと思っているのだけど、ほかにはだれも同じことを指摘してはいない。

 うーん。



コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@