2013年5月25日土曜日

硫黄島の戦いに際して徴兵された可哀そうな人

 硫黄島の戦いの前に、朝日新聞の記者が軍部を批判した。

 軍部の逆鱗(げきりん)に触れたその記者は、40歳くらいの年齢であるにも拘(かか)わらず、徴兵(ちょうへい)されることになった。また、同時に、軍部による報復だと思われないようにするために、同じくらいの年齢の者を多数、徴兵した。

 朝日新聞の同僚(どうりょう)などが画策(かくさく)して、その記者の徴兵を取り消してもらった。

 しかしながら、同時に徴兵されることになった40歳前後の残りの者は、そのまま、硫黄島に送られ、戦死した。

 祖国防衛のために戦死するのは致(いた)し方(かた)ないとしても、下っ端(したっぱ)の兵卒(へいそつ)としては異常な高齢で、戦死するのは、なんだか、悲しい。

 朝日新聞によって殺されたようなものだろう。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@