2013年6月18日火曜日

鼠の餌代が高い。

 大黒鼠RATの半兵衛(はんべえ)と幸村(ゆきむら)の餌代(えさだい)がけっこうなものになっている。1グラムあたりの値段からすると、きわめて高価である。まあ、それほど食べるわけではないから、総額でも大金にはならない。高いのは、あくまでも、グラム単価である。

 犬や猫の餌は、量産効果があるせいか、グラム単価が廉(やす)い。それで、犬の餌を与えれば廉(やす)くすむと考えて、実行してみたが、口に合わないものが多いようだった。ときおり、「また、これかよ」という顔をする。贅沢(ぜいたく)な大黒鼠になっている。

 大黒鼠は、ハムスターなどとちがって、向日葵(ひまわり)の種はあまり好きではない。燕麦(えんばく)はちょっと好き。肉とチーズが大好きである。野菜とドライ=フルーツは好きではない。

 鼠の餌は、たくさん売れるわけではないせいか、グラム単価が高い。肉やチーズとなると、すこぶる高くなる。

 グラム単価で考えると人間の食べ物よりも高い。ハムスター・鼠用のチーズは、その辺(あた)りのコンビニエンス=ストアで売っているチーズよりも、グラム単位は高い。チーズの場合、人間用のものよりも、塩分を少なめにしているという。このくらいに高いものだと、ハムスターや鼠の嗜好(しこう)を研究しているらしく、飽(あ)きずに食べる。

 グラム単価が高いから、それでは、人間用の食べ物で、塩分が少なめのものをやってもよかろうと思って、100g598円のロースト=ビーフroast beefを買って、与えてみた。齧歯類(げっしるい)用の高級食材と較(くら)べて、それほど高いわけではない。

 女子生徒に高級チョコレートを配ると黙って坦々(たんたん)と味を堪能(たんのう)するが、大黒鼠にロースト=ビーフを与えると、同じ反応をする。ちょっとおもしろい。

 近所にある卸(おろし)もしている肉屋で、ロースト=ビーフを20gだけ買ったりしている。店員は私のことを、ロースト=ビーフが好きだけれども貧乏なので20gだけ買ったりしていると思っているらしい。秤(はかり)に100gあたりの値段を入力してから、重さを量(はか)り、値札をプリント=アウトしてから、さらに1枚、余分につけてくれたりする。ロースト=ビーフ好きの貧乏人という扱いだ。

 鼠の餌用に買っているということが知られると、なにかまずいことになりそうな気がする。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@