2013年6月28日金曜日

親会社からの出向による社長でなくなった業界は、先行きが危ういのではないか?

 今のテレビ朝日の社長は、いわゆる「叩(たた)き上げ」である。テレビ朝日に入社して、社長になった。ところが、それまでの社長は、親会社である朝日新聞の役員が出向して社長になっていた。

 これは、その業界、つまり、テレビ業界が衰退(すいたい)すると、親会社が判断しているということではないだろうか? 衰退する業界へと社長として出向すると、どれほど経営努力をしても、業績が悪化する。そうなれば、だれもそんな業界で社長になりたいとは思わない。すると、「叩(たた)き上げ」社長が登場する。

 同じような事例として、レコード会社がある。どこのレコード会社だったかは忘れたが、初の叩き上げ社長が登場した。親会社の役員からすれば、これから衰退するのが目に見えているところに出向して社長になっても、任期中に業績が下がれば、経営能力に乏(とぼ)しいと判断される。

 そんなところから、親会社から出向した社長がいなくなると、その業界の将来は危ういと判断してよいのではないのだろうか?

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@