2009年2月8日日曜日

ねえ、わたしの左手の薬指のサイズ、7よ。

 ねえ、わたしの左手の薬指のサイズ、7よ。

 こんなことを急に言われても、ねえ。
 そこで、友人・知人にこの話をして、困っていると伝えた。
 ところが、男性と女性とでは、反応がまったく違っていた。

 男性の場合(その1)
 「どや、覚悟、決めたんか」
 「覚悟もなにも、何回か、一緒にお出かけしただけです」
 「また、また」と、くすくす笑う。「そういうことを言われて当然のことをしとるんやろ」
 「本当になにもしてませんってば」
 いっこうに埒が明かない。

 男性の場合(その2)
 「憲法第24条に『婚姻は両性の合意のみに基づいて成立し』とあるから、きみが合意すれば即座に成立するぞ」
 「あの、そういうことを訊いているんじゃないんですけど」
 「目をつぶって、1歩踏み出せば大丈夫」
 「け、結婚って目をつぶってするものなんですか?」
 なぜか、結婚させようとする。既婚者に多い。他人をひとりでも多く自分と同じ不幸な状態に陥れたいという無意識の願望の表出ではないかと推察している。

 女性の場合(その1)
 「あらまあ、細いわねえ。羨ましい」

 女性の場合(その2)
 「あの人、前から指が細くて羨ましいと思ってたのよ。そうかあ、7かあ」
 「ところで、〇〇さんのサイズは?」
 「10.5」
 「ちょっと待って。9のつぎは11じゃないの?」
 「いいんです。私は10.5って言いたいんです」
 「ちょっとむくんだりすると、11になるんじゃないの?」
 「ほっといてください」

 女性の場合(その3)
 「それは自慢だわ。ハーレクィンロマンスのヒロインはね、全員、薬指のサイズが9なのよ。ど、どうして2桁じゃあ駄目なの?」
 べつに私は駄目とは言っていないのだが。

 女性の場合(その4)
 「7だとね、0.1カラットのダイヤが0.3カラットくらいに見えたりするのよぉ」

 女性の場合だと全員の話題が、指輪のサイズに集中していた。

↓サイズが#7の指輪

               

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@