2009年2月3日火曜日

イギリス英語でトイレのことはloo(/lu:ˈ/ルー)っていうけど

 イギリス英語ではトイレのことを日常会話では、loo /lu:ˈ/っていう。

 語源・由来についてはいくつかあって、はっきりしていないとされるが、そのうちのひとつがつぎのもの。

 フランス語で「水」のことをeau /o/という。英語のtheにあたる冠詞はフランス語では名詞の性や単数・複数によって、le、la、lesを使い分ける。eauは女性名詞なので、laを使うが、la eauは言いにくいので、l'eau /lo/とつづめて言う。
 英語に直訳するとthe waterにあたるl'eauで、婉曲表現としてトイレを表現しているうちに、自分たちの訛った発音にあわせて、looと呼ぶようになった。

 また、英国の主婦がバケツの水を窓から投げ捨てる際に、警告としてGardy loo!と言っており、それが短くなったという説もある。Gardy loo!はフランス語のGardez l'eau!の訛ったもので、「水に注意しろ!」の意味。

 このほか、フランス語のlieu(場所)の訛ったものであるとか、1885年のワーテルローの戦いBattle of Waterlooに起源があるとするものもある。

 実は、結局はよくわかっていない。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@