2009年2月2日月曜日

パスタマシン(製麺機)を買って自家製パスタを作ろうと調べていたら……

 パスタマシンを買って自家製パスタを作ろうと考えた。パスタマシンというのは、パスタを作る機械だ。パスタ用製麺機と呼んだほうがわかりやすいはずだが、パスタ好きはなぜか「パスタマシン」と呼ぶ。小洒落(こじゃれ)た言い方にしたいのなら、パスタはイタリアのものだから、le macchina per la pastaとか、macchina per la pastaとか、macchina per pastaとか、macchina pastaとか、どれかで呼べばよいのにと思ってしまう。
 イタリアで買えば44ユーロ(今のレートだと5,000円くらい)のマッキーナ=パスタ(パスタ用製麺機。発音はあっているのかな?)が日本では定価17,000円になっていた。ぼったくりすぎだって。
 どうせ製麺機を買うのならば、十割蕎麦やうどんや冷麺も作りたいと考えて、どれでも作れるものを探していたら、思いっきり迷い出したので、しばらくは購入を控えることにした。

 同時に、小麦粉の値段も調べた。パスタ用のデュラムセモリナ粉1kgが488円であった。ちょっと待て、100gあたり50円を切っている。じゃあ、業務用だとどのくらい廉いのか気になってきた。
 大手製粉企業の業務量卸売価格を調べてみた。パスタには強力粉を使うので、強力粉25kgの価格を掲載する。

平成18年平均3,568円
平成19年平均3,640円
平成20年11月4,601円

 小麦粉の価格が上昇した平成20年11月の時点の価格4,601円で計算すると、100gあたり18.4円である。自家製麺でパスタ屋をやれば、人気が出さえすれば、大儲けできるなあ。人気が出るかどうかが、難しいところなんだろうけど。

  

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@