2009年2月26日木曜日

ディズニー映画の『アラジン』を指定席で観たら

 ずいぶんと昔のことになるが、ディズニー映画の『アラジン』Aladdinを女ともだちと観に行った。私はべつだん、ディズニー映画のファンというわけではないが、その女ともだちが、どうしても観に行きたいと言ったから、映画館に足を運んだ。
 『アラジン』は『千夜一夜物語』の「アラジンと魔法のランプ」に基づいている。初めのほうで、アラジンが王女ジャスミンJasmineに'Trust me!'(ぼくを信じろ!)と言っていて、のちに、変装しているアラジンが'Trust me!'(ぼくを信じろ!)と叫んだときに、ジャスミンが変装したアラジンだと気づくという場面と、魔法のランプの魔人ジーニーthe Genieがやたらと早口だったということくらいしか憶えていない。
 映画そのものよりも強烈に憶えていることがある。ディズニー映画のファンではないから、指定席でなくてもよかったが、一緒に行った女ともだちが、大ファンだったので、不本意ながら指定席の鑑賞券を買った。指定席は2階席の前半の中央部分にあり、椅子の布のカバーも一般席よりもちょっと豪華になっていた。ぼくたちの指定席は最前列の右から3席目と4席目だった。
 席に着いて、ほどなくして、おもしろいことに気づいた。
 『アラジン』を指定席で観ようとするのは、ことごとく若いカップルばかりだったのである。しかも、男性は、ほかのカップルの男性の隣に坐るのを好まないのか、あるいは、一般に男女のカップルは、男性が右側に、女性が左側に位置する傾向があるので、そのせいなのか、男性・女性・男性・女性……と並んでいる。
 図式化すると、つぎのようになる。

男性……
女性……
                        赤い部分のふたりの男性の存在が気になる。
 最後列



▼△ 最前列
 緑色がぼくとおともだち

 こんな具合に、男性と女性が見事なまでに、交互に並んでいたのである。
 よくよく観察すると、この図でいうと、右上の部分の赤いところが目についた。
 なんか、すっごい気になったぞ。男同士でディズニー映画を観る、それも指定席とは……。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@