2009年5月8日金曜日

日本一速い男:星野一義

 星野一義(ほしのかずよし)は自動車レーサーであった。1970年半ばから「日本一速い男」と呼ばれ出した。歌手の近藤真彦のレーサーとしての師匠である。
 1976年に日本でF1が初開催された。そのときの名称は「F1世界選手権・イン・ジャパン」だった。星野一義はそのレースに旧式のマシンでスポット参戦し、一時は3位を走行していた。しかし、予算の都合でタイヤの予備が充分にはなかった。「交換するタイヤがなくてリタイヤ」という今なら考えられない理由でリタイヤとなった。もしも、交換するタイヤがあったならば……とだれもが思った。
 ル=マン24時間レースでは、1990年に5位、98年には3位になっている。
 1970年代半ばからは、全日本F2選手権・富士グランチャンピオンレースシリーズ・全日本ツーリングカー選手権などのチャンピオンの常連となっていた。
 日本のF3000選手権に参戦した経験のあるF1レーサーたちからも一目を置かれていた。
 これほどの男だから「日本一速い男」と呼ばれたのだ。

 しかし、じつは、単なる速さだけなら、星野一義よりも速い男たちが、この日本にはいる。

 航空自衛隊のF15イーグル戦闘機パイロットたちだ。彼らは、俗に、イーグルドライバーと呼ばれている。最高速度マッハ2.5だ。換算すると、だいたい時速3000キロメートルだ。
 彼らこそが日本一速い男たちだ。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@