2009年5月29日金曜日

九九の苦手な人が言えないのは「七の段」よりも、むしろ「八の段」である。

 漫画やドラマで、勉強の苦手な人間を描き出すにあたって、「こいつは、九九の『七の段』が言えない」という台詞(せりふ)がある。
 また、九九の苦手な人は、どの段が苦手だと思うかと訊ねると、たいていの人は、「七の段」と答える。
 ところが、素数(1とそれ自身でしか割り切れない整数)である7が絡(から)んでくる「七の段」は手ごわいと、だれしも感じるので、七の段は、真面目に憶えようとする。意外と、算数・数学が苦手であっても、七の段は言えるものなのである。
 意外と、言えない人がいるのが、「八の段」である。
 驚くかもしれないが、本当なのである。
 八の段が言えない人というのは、小学2年生のときに、九九のテストが済んでからは、ずっと、数字を入れ替えて、計算しているのである。
 たとえば、

8×6(はちろく)

の場合に、答えが、とっさに口をついて出てこない場合には、

6×8=48(ろくは、しじゅうはち)

と、数字を入れ替えている。
 こうしたことをずっと繰り返しているうちに、「八の段」がちゃんと言えない人間になってしまう。高校生でも、数学が苦手(というか、計算が苦手)な人は、百ます計算で、「八の段」でペンが一瞬、止まったりする。
 一般的には、計算しているうちに、頭の中で九九を唱えることは、最終的にはなくなる(と思う)んだけど、八の段がつまづいている人は、いつまで経っても、頭の中で九九を唱えているようだ。それも、八の段では数字を入れ替えて。

  

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@