2009年5月27日水曜日

大学入試でのThe Japan Timesからの出題:4月に掲載されたものが多く出題される。

 大学入試でジャパン=タイムズThe Japan Timesから出題されることがよくある。低レベルの大学だと、受験生の質が低いので、出題すると、受験生が読めないので、それなりに難関大学にかぎられるが、かといって、超難関大学では出題されることはないのだが。
 以前、ジャパン=タイムズに掲載された文章で、どの時期に掲載されたものがよく出題されるのかを調べたことがある。
 4月だった。
 4月に掲載された文章が最も多く出題されていた。
 理由を考えてみよう。
 大学ごとに異なるが、翌年度の入試委員が決まるのは、おそらく、入学試験が終わった3月であろう。すると、ジャパン=タイムズの文章が入試問題として機能しそうな大学の場合、入試委員になった教員は、3月からジャパン=タイムズを読み、入試問題に使えそうな文章を渉猟(しょうりょう)する。そして、入試に使えるものが見つかると、新たに長文読解の題材を求めることはない。
 その結果、ジャパン=タイムズにかぎっては、4月に掲載された文章が多く出題されている。


いちおう、こういうものが売られている。役に立つかどうかは不明。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@