2009年5月28日木曜日

「学園祭でウケるバンド」計画

 うちの生徒から、学園祭でウケるバンドになるにはどうすればよいかという相談を受けた。

 そこで、まず、「ヴァイオリン=パンク=バンド」を提唱してみた。ヴァイオリン=パンク=バンドについては、以前、ベーシスト最強理論で述べているのだが、このアイデアは即座に却下された。ヴァイオリンの弾けるやつがいないのだという。

 つぎに提案したのが、「女装バンド」だ。
 質問者の通う高校は男女共学であるから、「女装バンド」はインパクトがある。男子校だと、学園祭で女装する輩(やから)は、むやみに多い。なんでそんなに多いのだと思うくらいだ。女装コンテストまであったりする。
 質問者の身長が188cmなので、メンバーの身長を、できれば、180cm以上、少なくとも175cm以上で揃えて、女装すると、なかなかのものになるはずだ。
 これも却下された。

 そのつぎに提案したのが、オリジナル=ピックをばらまくというアイデアである。
 首都圏では、あまり見かけないが、関西では、餅撒(もちま)きという風習がある。餅撒(もちま)きというのは、神事に際して集まった人々に餅を撒く行事である。
 餅のかわりに、ギターのピックでやるのである。
 その場合、オリジナル=ピックにして、たとえば、つぎにような文言(もんごん)を入れる。

◇◇高学園祭
209.05.31
〇〇〇〇〇

 〇〇〇〇〇にはバンド名を入れる。
 これは記念品になる。
 たとえば、つぎのようにする。
 本当は3曲演奏するとして、名目上は2曲の演奏ということにして、1曲目の演奏終了時に、オリジナル=ピックを30個くらいをばら撒(ま)く。その上で、2曲目が終わったときに、アンコールが盛大にあれば、オリジナル=ピックを100個くらいをばら撒(ま)くと宣言する。また、予算に余裕があれば、オリジナル=ピックをつかった携帯用ストラップも30個くらい製作していおく。それも最終的にはばら撒(ま)く。
 こんなふうにすれば、ギターのオリジナル=ピック目当てで、盛大にアンコールが行なわれるだろう。

 なお、選曲についても述べておこう。
 気合いをいれてオリジナル曲で勝負しても、あまりウケない。耳馴染(みみなじ)みのない曲だと盛り上がりにくい。だれもが知っているような曲にしたほうがよい。
 1959年に結成されたザ=べンチャーズThe Venturesは、今でも、毎年、日本でツアーを行なっている(2009年の夏は、今のところ、12週間で54ステージの予定。1930年代生まれのメンバーもいるのに)。1999年以降は、年2回だ。そんなザ=ベンチャーズでも、前年、日本で流行した曲もツアーで演奏している。昔の曲だけではウケないし、まったくの新曲もむつかしいので、日本で流行した曲を入れているのだろう。「ロックの殿堂」The Rock and Roll Hall of Fame and Museum入りしているザ=ベンチャーズでさえ、こうした工夫をしているのであるから、アマチュア=バンドならば、なおさらであろう。
 以上のことから、耳馴染みのある曲を中心にするのよいと思われる。オリジナル曲を入れるとしても、いわば、ありきたりの展開をする曲にかぎるべきだろう。

 オリジナル=ピックをばら撒(ま)くことに関して、懸念(けねん)されることがなくもない。餅撒(もちま)き文化が定着していない東京の都市部では、ばら撒(ま)かれたものを拾うという行為は、卑(いや)しいと考えられなくもないので、期待されるほどの効果はないかもしれない。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@