2009年9月10日木曜日

小坂憲次がテレビで「チョン」と発言したことで思い出したこと

 自由民主党の前=衆議院議員で、今回の選挙で落選した小坂憲次が生放送のフジテレビの番組で、「私なんか、もう落選したけど、もう、空元気(からげんき)だ、ね……けっこう、元気です。やはり、あの、お前は馬鹿だ、チョンだと、あ、失礼。馬鹿だとか、言われてですね、そして、否定をされたんであれば、問題ですけれども、今回はね、頑張(がんば)れとご声援を戴(いただ)いて、12万、ねえ……」と発言したので、思い出したことがある。


 中学生のときに、1学年の下に、周囲から「チョン」と呼ばれている後輩がいた。
 別の後輩たちが彼のことを親しげに「チョン」と呼んでいたので、「ちょっとまずいかもしれへんから訊(き)くんやけど、なんで、チョンって呼んどるん?」と訊(き)いてみた。
 ほかの後輩たちの答えは、それが本当なのかどうかは判然とはしなかったが、みんながそう呼んでいるから、というものであった。
 さて、チョンと呼ばれていた少年は、実際のところ、日本国籍ではないが、所謂(いわゆる)、通名(つうめい)というか、日本人名というか、そういうものを形式的には名乗っていた。もしかすると、彼の本名の原語読みがチョンだったのかもしれないが、わからない。
 後輩たちを見ていると、チョンと呼んでいるからといっても、仲違(なかたが)いや差別心があるわけでもないようで、じつに仲よしだった。
「おーい、チョーン!」
「おう、〇〇! なんやぁ!」
 そんな感じだった。
 そんなふうに呼ばれている後輩は、すこぶる大柄(おおがら)で、中学2年生の時点で180センチメートル近くはあったと記憶している。そして、体格のよい人間によく見られるように、おおらかな性格だった。
 それにしても、仲よしなのに、チョンと呼んでいるという光景は、当時でも、ちょっと不思議な感じがしていた。けれども、そう呼ぶのを禁ずるのもなあ、と思っていた。多少なりとも心理学の書籍を読んだ今では、仲よくしているにもかかわらず、そんなふうに呼ぶのを断固として禁ずる場合、ある特定の国籍の者に対する差別・偏見がある者であるということになるようなので、禁ずることをしなかった自分は、そういった差別・偏見がないという傍証(ぼうしょう)になるのではないかと考えている。
 でも、やっぱり、不思議な光景だったなあ。



コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@