2009年9月15日火曜日

四国4県の位置の憶(おぼ)え方

 明日、47都道府県の位置と都道府県名のテストが小学校であるという。生徒たちは四国が苦手なのだという。県名は憶えたが、位置がわからなくなるときがあるという。だいたい、つぎのような位置に4県がある。

愛媛(えひめ) 香川(かがわ)
高知(こうち) 徳島(とくしま)

 50音順に並べると、愛媛(ひめ)→香川(がわ)→高知(うち)→徳島(くしま)の順になる。
 つまり、アルファベットの「Z」または数字の「2」の筆順の順に愛媛(ひめ)→香川(がわ)→高知(うち)→徳島(くしま)が並ぶと考えればどうかと提案した。

 なお、一般的な憶え方はつぎのとおり。
 いちばん小さいのが香川県
 いちばん大きいのが高知県
 とんがっているのが愛媛県(佐多岬半島が突き出ている)。
 影の薄いのが徳島県(笑)。



コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@