2009年9月17日木曜日

ラフマニノフとアフガニスタン

 当校では、授業中でも音楽をかけている。小さめの音量で、主にクラシック音楽をかけているのだが、ときにはロックもかける。パンクはかけない。個人的にはパンクは好きなんだけどね。邦楽もかける。もちろん、音量は小さめにしている。

「今日はラフマニノフRachmaninovをかけるよ」と言って、ラフマニノフの曲をかけた。
 そうしたところ、小学生の生徒が、ピアノ協奏曲第2番に感動して、こう言った。
「掃除機先生、アフガニスタンAfgahnistanって、すごい作曲家ですね!」

 ちょっと待て。

ノフ Rachmaninov (Рахманинов)
スタン Afgahnistan

「フ」と「ニ」しか、共通点がないじゃないかと思うのだけれど、小学生にとっては、両者は音が似ているものなんだろうな。耳にした音声から、自分の知識のなかで、それにいちばんよく似ているものを引き出したら、「アフガニスタン」になったのかもしれない。
 
 いや、ローマ字表記にして、音を較べれば、カタカナだけで考えるよりも、似ているといえる。

ノフ  RAFUMANINOFU
スタン AFUGANISUTAN

 こう考えれば、無茶な間違え方ではないな。


コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@