2009年9月4日金曜日

おいしい料理を作るよりも、はるかに難しいのが「まずいカレー」

「まずいカレーって、なかなか作れるもんじゃありませんよね」
 唐突(とうとつ)に生徒が言った。
「喫茶店のカレーなどで、コクが足りないカレーとか、味が平板な感じのするカレーは記憶にあるけれど、『きっぱりとまずいカレー』は、記憶にはないなあ」
「ですよね。でも、今日の給食のカレーは、本当にまずかったんです」

 その後、同じ給食を食べた別の生徒ふたりに、カレーの味について訊(たず)ねたところ、まずかったという。

 確かに、まずいカレーをこしらえるのは難しいだろう。多少、調理時間を変えても、それほど味に違いは出ない。隠し味で違いが出るとか、コクが足りないとか、そういう違いはある。また、じゃがいもが崩(くず)れているのは厭(いや)だとか、人参を摩(す)り下(お)ろして入れたほうが好きだとか、好みの違いはある。しかし、ものすごくまずくなるということは考えにくい。
 
 いろいろと訊(き)いたところ、カレーのルーをきちんと溶かさなかったのが原因らしく、さらに、ご飯が硬かったので、輪をかけてまずいと感じたらしい。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@