2009年9月11日金曜日

ゴキブリは不完全変態

 例年に較(くら)べ、今年はゴキブリの発生数がむやみに多いそうだ。暖冬だったせいで、いつよりも冬を越すことができた卵が多く、その結果、ゴキブリが多いのだという。
 そんなことを言ってから、ゴキブリが完全変態する昆虫か、不完全変態する昆虫かを訊(たず)ねてみた。
 完全変態する昆虫とは、蛹(さなぎ)になる昆虫のことで、蝶(ちょう)、蜂(はち)、蝿(はえ)などがある。不完全変態の場合は、蛹(さなぎ)になることなく、若虫(じゃくちゅう/わかむし)が成虫へと変態するもので、蝉(せみ)、蟷螂(かまきり)、飛蝗(ばった)、蜻蛉(とんぼ)が挙げられる。
 当然のことながら、ゴキブリは不完全変態なのであるが、一般に、中学受験用の教材には載っていない。都会の子どもにとっての身近な昆虫は、むしろ、ゴキブリくらいなもので、あとは、蚊(か)、油蝉(あぶらぜみ)、蟻(あり)くらいなのだから、不完全変態を説明する際には、ゴキブリを例にするというものひとつの手だと思うのだけれど、女子生徒が騒ぎそうだから、やっぱり、やめたほうがよいかな。

   

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@