2009年9月14日月曜日

「真逆(まぎゃく)」ではなく、「正反対」と言ったほうがよい。

 いつの頃からか、真逆(まぎゃく)なることばが聞かれるようになった。活字でも目にする。
 ところが、真逆は本来「まさか」と読むものであり、真逆様は「まさかさま」であり、場合によって「まっさかさま」と読む。
 真逆(まぎゃく)なんてことばはなかったのである。
 聞いたところでは、大学の附属高校から東京六大学を卒業したアナウンサー(要するに、立教出身の古舘伊知郎(ふるたちいちろう)のことだけど)が、出演するニュース=エンターテイメント番組で使い始めたそうだ。また、このアナウンサーは、捲土重来(けんどちょうらい)を「けんどじゅうらい」(今は許容だが)と読むなど、プロレス中継のときから、ことばを知らないと感じることがよくあった。
 ことばというものは生き物であり、変化するのは仕方のないものだというのは、正しいが、テレビやラジオのアナウンサーや、新聞など、影響力のある媒体が、意識的に妙なことばを使うのはやめたほうがよい。



 1987年出版の書籍。この頃はまだ、真逆は「まさか」でしかなかった。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@