2009年4月3日金曜日

使用済みの計算用紙のゴミ箱への捨て方の分類

 計算用紙の捨て方は、3種類あるようだ。
 破ってから捨てる。
 丸めてから捨てる。
 なにも手を加えず、そのまま、ゴミ箱に捨てる。

 丸めてから捨てるタイプの生徒は、野球をしている小学生であったり、野球部に所属している高校生であったりすることが多い。
 それ以外の捨て方については、傾向がつかめないでいる。
 私は、破ってから捨てる。破らずに捨てておくと、必要な書類なり、プリントなりが、誤ってゴミ箱に落ちたものなのかどうかが、判然としないからだ。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@