2009年4月4日土曜日

日大芸術学部の看板が……

 日大芸術学部(日芸)の看板が、いつのまにか、日本大学術学部となっていた。「芸」の字が「藝」と正字体(旧字体ともいう)になっていた。
 ウェブサイトを見ても、「日本大学藝術学部」となっている。
 知るかぎり、「藝術」を使っている芸術大学は、東京藝術大学と日本大学藝術学部だけだ。
 東京藝術大学は、以前から、校門の看板では「藝」を使っていた。
 日芸は、以前は「芸術学部」だったと記憶している。どうも、「江古田キャンパス整備事業」が始まってから、看板の文字を「藝」に変えていたらしい。
 もともと、「芸」は「藝」の字を略したものではなく、まったく別の文字であった。本来の「芸」は音読み「ウン」しかなく、一種の香草のことであった。「わざ」「のり」などの意味はなかった。
 だから、けっこう以前には、漢字にやかましい人の場合、「藝術」を「芸術」とすることを嫌う場合がなくもなかった。
 「藝」の文字のほうが好きだから、「藝術学部」という看板には好感を抱いている。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@