2009年4月20日月曜日

車椅子の女児入学拒否問題

 奈良県で、地元の中学校への進学希望の女児が、施設のバリアフリー化などが財政の問題などできないということから、入学を拒否された問題があった。
 これに関して、自分が大学生だったときのことを思い出した。
 自分が学生だったときに、早稲田大学商学部に車椅子の受験生が合格し、入学の手続きをした。当時の商学部の施設は、20年以上も前のことなので、バリアフリーではなかった。それでも、車椅子の入学生がいるということで、春休みに突貫工事をしていた。その学生が移動する際に通るところは、すべて車椅子で移動できるようにした。
 費用は、1億円くらいだったそうだ。
 一方、その学生が4年間で払う入学金・授業料・施設費の合計は、たぶん、400万円にも満たなかっただろう。
 そこで、9600万円の損だと考えるようだと、なにか大切なものを見落としている。
 早稲田ってのは、学問という点で考えると、どうしようもない大学だけど、この点だけは評価している。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@