2009年8月3日月曜日

薬用石鹸ミューズだけの生活

 うちには、シャンプーがない。リンスやコンディショナー、トリートメントもない。シェーヴィング=フォーム(髭剃(ひげそ)りに使う泡(あわ))もない。

 すべて、薬用石鹸ミューズだけで済ませている。
 べつに困ることはない。

 ところが、最近の若者からすると、リンスどころか、シャンプーすら使わないのは、異常なことだと感じるらしい。そもそも、男がシャンプーを使うようになったのは、いったい、いつなのだろうか?
 サンスターが男性用のトニックシャンプーの販売を開始したのが、1968年で、ついで、花王がトニックシャンプーを販売したのが、1974年だ。1968年のトニックシャンプーまでのシャンプーは、お花の香りなんかがする、いかにも若い女性向けのものしかなかった。それ以前には、シャンプーなんてものを使う男性はほとんどいなかったようだから、石鹸で頭を洗っても、べつだん、困ることはなかったのだろう。

 それはともかく、薬用石鹸ミューズだけで済ましていると、こんな質問を受けることがある。

ミューズで髪の毛も洗っているということは、そんなに黴菌(ばいきん)だらけの頭なんですか?

 この質問はまちがっている(と思う)。
 薬用石鹸ミューズで頭を洗っているのだから、一般の人よりも黴菌の少ない頭になっているはずだ。測定して、確かめたわけではないが。

 

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@